スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

いじめられてる者よやられる前にやれ

2 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2012/07/24(火) 11:48:52.57 ID:az08EIUJ0
イジメ自殺が社会問題となっている。新聞でもテレビでも識者と称する恥知らずたちが、おためごかしの助言を垂れ流して小銭を稼いでいる。
イジメに苦しむ少年少女よ、あんなものが何の役にも立たないことは、君たち自身が一番良く知っている。
唯一最良のイジメ対処法は報復に決まっているではないか。

実はイジメ自殺は何年かごとに社会問題となり、そのたびに真実の声が良識という名の愚論によって圧殺されてきたのだ。
十一年前にもイジメ自殺が相次ぎ「少年ジャンプ」が悲痛な叫びを特集連載した。
それをまとめた『いじめレポート』(集英社)にこんな声がある。
「徹底的に体を鍛えた。復讐(ふくしゅう)のために…。やられる前にやれ!」(A男)。
A君は拳法、柔道で「歩く凶器」となり、イジメを粉砕した。
睡眠薬自殺未遂のC子さんは、死を思う気持ちよりも「憎しみの方が強くなった」「私もガンガン殴り返す」「女でもやるときはやるんだ!」。
別の女児もこう言う。「どうしても死ぬっていうんなら、いじめた奴に復讐してからにしなよ」

学校では報復・復讐は道徳的な悪だと教える。しかし、それは嘘だ。人間が本来的に持っている復讐権を近代国家が独占したに過ぎない。
大学で法制史を学べばすぐわかる。復讐は道徳的には正しいのだ。現に、ロシヤに抑圧され続けたチェチェン人は果敢に復讐をしているではないか。

被害者が自ら死を選ぶなんてバカなことがあるか。死ぬべきは加害者の方だ。いじめられている諸君、自殺するぐらいなら復讐せよ。
死刑にはならないぞ。少年法が君たちを守ってくれるから。

呉智英

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

[8]

素晴らしい方法はメキシコ麻薬マフィアでググり手本にいたしましょう

何千人刻んでも大丈夫、少年法はそのための法律である

バラバラにしたら動画でUPしてね

[9]

素晴らしい方法はメキシコ麻薬マフィアでググり手本にいたしましょう

何千人刻んでも大丈夫、少年法はそのための法律である

バラバラにしたら動画でUPしてね、せっかく殺人ができる年齢なんだから大量殺戮しなきゃもったいない、殺人大好き

[10]

俺も何か復讐してーいいな子供は何千人殺しても少年法という盾があるから、給食に画鋲だのなんだのいれて皆殺しにして快楽したい、人生刺激がない大人になると

コメントの投稿

非公開コメント

開運グッズ
検索フォーム
プロフィール



最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク[アンテナ]
カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。